24時間生産体制

(1)お互いに助け合う企業風土に支えられた信頼関係

当社では、日本人労働者も外国人労働者も一緒に生産作業に携わっています。その際、お互いに助け合って生産に穴を空けない。その精神を、常日頃、行動規範である 「人のために行動すれば自分に帰ってくる」という言葉で社員に言いきかせています。
そのため「助け合う」企業風土が、浸透しており相互の信頼関係に基づく仕事のスタイルが確立されています。

(2)外国人労働者の活用

24時間生産体制を支える人材を確保するために、外国人労働者を採用しております。外国人労働者の採用は先代の社長の時代から進めており、その労務管理ノウハウを当社は多く保有しております。例えば、外国人労働者の福利厚生のための、食堂や休憩室などの設備を整備し、よりより労働環境を提供するようにしています。
そのため、外国人労働者も、当社で働くことに誇りをもって仕事にあたります。全員が生産物に対する品質・評価にこだわっております。
また個人の適正に応じた仕事を割り振っています。料理が得意な従業員は、社員食堂で従業員向けの料理も作ります。従業員は祖国の味を味わうことができます。情報技術が得意な従業員は社内の生産管理システムの運用を行っています。
やる気のある労働者によって生産する当社の製品品質は、日本人労働者の工場と引けをとりません。

(3)組立やインサート成形など手間の掛かる作業にも対応

当社は、生産ニーズがある限り、極力、どのような製品でも受け付け生産するよう心がけております。
組み立て工程を含む作業については、当社で成形した製品や支給部品を、工場内の組み立て室にて組み立てしております。また外部倉庫を有しており、ここで検品作業を実施しております。

インサート成形についても、フィルムインサート、金属インサート、皮革など様々な製品生産に対応しております。